ブログを更新するのが久しぶり過ぎて、何より自分にごめんなさい!
ちょっと記録として書きたくなったことが出てきたので書いています。

私は鑑定する際は、まずクライアントの方が何について聞きたいかを確認してから、じゃあ手相見てみよう、とか、カードを引いてみよう、とか生年月日から運気をみてみよう、とか変えています。

で、生年月日から観るのは「命占」(めいせん)とか「命術」(めいじゅつ)と呼ばれていますが、私はこの命占は「宿曜占星術」という東洋の占星術で観ています。

マイナーな占星術だけれどもその奥の深さと様々な叡智、そしてその的中率は色んな占いに触れてきた自分にもかなり驚きでした。

竹本光晴先生(HP:光晴堂)に教わっていますが、気がづいたらかれこれ2年以上経ちました。
いつもたくさんの学びをいただいています。

先生は占いのほか、様々なことを教えてくださっています。
人としてのあり方であったり、占い師としての役割であったり。

その中で「セレンディピティ」ということを教えていただきました。

*****

セレンディピティserendipity)とは、
素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。 また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。 平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

(Wikipediaより)

*****

豆粒みたいな幼少期から占い好き。
オカルト好きのホラー好き。スピリチュアル万歳!
だけど、お勉強大好きリアリスト。な私です。
もちろん知っていることでした。
それでも、改めて教えをいただいている方から聞くと、すごく新鮮で有り難く感じます。

そして、今日久々にこうして書いたのは、
セレンディピティがセレンディピティを生じさせてくれたのが嬉しかったのです。

…ハテナ?ですね。


セレンディピティって、すごく簡単にいうと、
天(神様)が必要な時に必要なもの(こと)を与えてくれる。 だと思います。

つまり、それは豊かさの象徴だと思います。

豊かさっていうのは、お金とか愛情とか、社会的地位とか?人によってイメージは色々だと思うけれど、
某宇宙人バシャールの言葉を借りると、

豊かさとは「自分がやりたいときに、やりたいことをやれる能力がある」ということです。 

とのこと。
これは私もそう思います。 

というわけで、今やりたくてうずうずしているようなことについて、ちゃんと連絡が来たんです。
不思議なものです。予想していないところから来るのですから。

それが今現在、確定しているものではないですけれど、たぶん、後々には「上手に収まる」んだと思っています。 
うまく、回るんだろうなあ、と思う時、感じる時は、多分外したことがないです。 

セレンディピティってこういうものだよ、と教えてもらった後に、
そのセレンディピティが生じるって、私にはたまらないイベントです。

それが実際どうなるのであれ、感情がワックワクのドッキドキになったことは、ほんとう。
だから、ありがとう!ってたくさん思いました。


私は引き寄せ、というものが非常に得意なのですが、
たまにやり方?とか聞かれるので、そのうち書いていこうと思います。